2009年10月25日

('A`) 132 交通事故

もう何回目だよw
2年経たないうちに4回?
ちなみに原付当て逃げ事故2回は含まない

まーた事故です
本当危ないなぁ、この交差点は
しかも雨だし夜だし

バンとぶつかるような音がして、ガッシャーンと突っ込む音がした
左に歩道用信号機に激突して、右前ホイールが外れてエンジンルームがグシャっとつぶれた小型の普通車
右に白の結構高級そうな大き目の普通車、遠くに止まっていて事故の様子が分からない

事故後3分ほどでJAF到着
7分後救急車到着
20分後覆面パトカーと事故処理車到着、遅〜い
その直後救急車出発、パトカー到着

ガラスがかなり散乱していて、車が通るたびにガシャガシャ鳴ってる

激突場所がもうちょっと左なら、信号機抜けて、家壊した後の空き地に突っ込めたのに
と思ったが歩道突っ切るから余計駄目か

小さい方は、例によって例のごとく若いお兄ちゃん2人
大きい方は分からない
信号無視の直角のオフセット衝突で決定でしょ
ベランダに飛び出してすぐ信号が変わったから、矢印で無理したか

この交差点は間違いなく近いうちに死者が出る
ま、見通し悪くしているのは、うちのマンションのせいなんだけどね
posted by 毒渡 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

('A`) 131 面接は今日です

ひっくり返った
やっちまったなー!

まさかあんな所に研究室配属の面接案内が貼ってあったとは…
これは孔明の罠だ…
顔面ブルーレイ

メール返答の期日が数日前だった
だから面接日を勝手に今日に指定されてしまった
当然授業さぼり。これ落ちたらシャレにならねえ
昨日試験成功で浮かれてた自分がアホらしい
3時間ちょっとで事前アンケートを書いた
ボリューム多くて大変だった
マッハで下書きを写して面接開始10分前に書き終えて研究室にダッシュ
いっつもこの展開

実は面接時間の変更は出来たけど、メールによれば3人が返答しなかったそうだ
面接は数人の集団形式
つまり、日を変えなければ「メールスルーした組」だけで面接
一方変えたら、メールにちゃんと返信ひた人の中に1人だけさぼった奴がいることになる
これはまずい、非常にまずい、面接の前に上がってしまって自爆するのが目に見えている
だから変えなかった
結果的には成功かな

行ったら1人しかいなかった
もう一人は…?変更したのか、知らずにどっか行ってしまったか…
その1人の名前はk田君
k田君はかなり緊張しているように見えた
僕は初めは気楽に構えて全然緊張してなかったけど(堅苦しい先生じゃないし)、自分の言いたい言葉がうまく出てこなくて焦って自滅
帰るとき足がガクガクになってた

教授と2人が向き合って面接
アンケートを元にやった
内容は、志望理由・研究内容・得意不得意科目・自宅学習・プログラム能力と、進路・自己アピール
後半は就職指導も兼ねているとのこと
3時間で書いたとはいえ、スペースは全部埋めた
というか書いていたら自然に埋まっちゃった
一方k田君は1行だけが目立った
かなり悪印象だったようだ
なるほど、就職面接でこうなると非常に損だということがよく分かる
尤も、彼も僕と同じメールスルー組で慌てて書いたそうなので仕方ないんだけど
なんだか中学入学直後の先生との面談を思い出した
あのときも適当な事喋ってたなー

志望理由は、ぶっちゃけCGはどうでもよくて、OCの時の先輩の話を聞いてここならいいと思った、と言った
ぶっちゃけ過ぎるけど、事実だし、嘘書いてもばれるから仕方ない
もうあの悲惨な実験は嫌だ、CGの興味なんて後から持てばいいし(いままでの実験だって興味なかったけど、やり始めたら興味もったし)、それより先輩と先生との相性が重要なのだ(サークルの時のような事態にならないためにも)
これはU先生もいってた
激しく同意だ
先生から切り返しがあるわけだけど、予想外なことに「うちはCG以外でも画像関係なら好きなのをやればいいから、そこは問題ないよ」と言われた
先生太もも〜

研究内容は、OCで興味を持ったもの2つと、自分の興味分野1つを書いた
この1つが面接の運命を分けたといっても過言ではない
前書いたように、この先生は生徒が自主的に課題を探すことを特に重視している
だから面接で、OCで興味を持ったものなど書いても何の意味のなかった
僕もその1つについてだけ説明した
最近モバイル機器(携帯電話、携帯ゲーム、携帯音楽プレイヤ等)の需要が高まってきたから、そのようなPCと比べて低処理能力なハード向けのマルチメディア処理がしたいと言った
こんなの簡単じゃないことは分かっている
先生も少し難しそうな印象を受けたようだ
とはいえ、僕の考えは受け止めてもらえた
k田君はやりたいことが先生にうまく伝わらなかったようだ
多分、自分自身やりたいことが漠然としていたのだと思う

得意不得意科目は書くまでもなく決まっている
得意科目では、いままでPCは使うだけだったのに、その内部の仕組みを知ったとたんに面白くなったという感じの話をした
これには先生も同感だったようで、それはいいことだと言ってもらえた
余談だけど、僕がこういうのに興味を持ち始めたのは、中学1年の国語のU先生(不祥事の責任を取って退職してしまったじいさん)の発言が元となっている
「ワードとかエクセルとか、こういうソフトそのものを作るのは凄いことだけど、使えるだけでは全然偉くない」
全然偉くない、これで僕の導火線に火が着いた。正論だけど、中学生のピュアなハートにはグサっと来たのだ。プログラミングに目が行ったのは、これが一番最初。本格的に始めたのは高校1年の冬休み。
以上余談
不得意科目は、先生は理由も聞かずに理解してくれた
k田君の、物理が得意はいい印象だった様子
CGは物理なしでは話にならないから

自宅学習は、正直になしと書いた
本当に何もしてないし
ただし、授業に集中するようにしているとフォローしておいた

プログラム能力も書くまでもない
これがなかったら情報工学科なんて行かない
自分を売りつける意味で、過大評価ぎみに書いた
これしかアピールできないから必死必死

ここから就職面接のような感じになる
進路では、まだ悩んでいると正直に行った
お金と成績は簡単に解決できないのよ
k田君は就職を希望している
去年多めに取ったから今年と来年は厳しいという話をしていた

自己アピールは、プログラムのことと、実験の考察のことを書いた
普通の印象かな
k田君は、高校の頃の話を(1行だけ)書いてしまったから、今の自分のことを書けと言われていた
なるほど参考になる
面接でも、ちょっとテンプレートっぽい感じの内容だった
確かにこういうのを何百人も聞かされる面接官にとっては、ちっとも印象に残らないのも頷ける
大事なのは、自分のエピソードを書くことに尽きる
先生も、何かエピソードない?としきりに聞いていた
アピール=エピソードなのだ
就職関連の本に書いてあるような能書きを読み上げたってちっとも評価されないことが分かった

最後に質問はないかと聞かれた
実はおとついたまたま見た面接対策サイトに書いてあったのだけど、最後にこう聞きかれた時は、面接官は相手がどれだけ会社に興味を持っているかどうかを調べる意図があるそうだ
だから無理やりにでも質問を作らないといけない
(汎用的な質問例は、貴社の雰囲気や職場環境を尋ねること)
いいですと答えたら、そんな程度の興味なのかと思われる
実際k田君はこれをやってしまった
先生はかなり呆れ返っていた
僕は、なぜ研究課題をそこまで学生独自のものにすることにこだわるのかと聞いた
先生は、自分の課題に責任を持ってもらうためだと言った
どうやら、過去に「研究が進まないのは課題が悪いからだ!」と目茶苦茶な責任転換をする学生がいたかららしい
自分で課題を選ぶことで、自分で責任を取って課題に取り組む、これが狙いだった
なるほどなー
社会に出て、仕事が進まないのは仕事内容が悪いからだ!なんて通じないからね
この先生、この前の授業で「こういう職業やってると胃潰瘍になる」と言っていたけど、もしかしてこれが原因?

あと、先生がぽろっと言ったのだけど、本当に学生には研究成果の出来を期待していないようだ
そんなの出来たら今頃私は超有名人でしょ?(笑いが起こる)と
この先生も同意見
ttp://d.hatena.ne.jp/next49/20081019/p2
それより、これだけやりました、ということの方が大事とのこと
この研究室なら、完成品やソースコードがそれに当たるのかな?
国立とかはどうなのか分からないけど、少なくとも私立で偏差値真ん中以下なら本当にどうでもいいみたい

色々ためになった面接だった

あと名言
先生「私オタクだから。なんとかガンダムが@ewlf3+?,q<」
さすがだ、全然ついていけん
授業中初音ミク動画、ハルヒ動画、アイマス動画を流しただけのことはある
posted by 毒渡 at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

('A`) 130 基本情報処理試験

基本情報処理試験(FE)受けてきた
試験会場がうちの大学だった
学生ばっかり
学ランもいたし、白髪じいちゃんもいた

6時に解答が公開された
合格基準は60点
午前:63/80
 1問1.25点なので78.75点
午後:34/38
 配点は未公開だけど予想は87点
キタコレ!これで勝つる!!!

正直全然勉強しなかった
ゲームが面白くてやめられなかったの
午前は本当に予想外で、大学の授業と、PCオタ知識でここまで行けるとは思わなかった
特にアーキテクチャ、データベース、ネットワークは役に立った、というかむしろこの試験のために受講したといわんばかりの役立ちぶりだった
午後は眠くて眠くてたまらなかった
あったかいし、食後だし、授業なら完全に寝てた
後ろの人は凄いいびきだった…あれは退場レベル
実はほぼ無勉でした。てへへっ
午前さえ受かれば次回午後だけで合格できるから、初めから捨ててた
だけど毎日CやJavaのプログラム書いていたから、考えれば解けた
自分の実力をこんなに実感したのは人生初めてかもしれない
もちろん現場の人間しか解けないような問題もあったけど、本当にラッキーなことに今年度は信じられないほど簡単だった
疑似言語の数値解法問題(ニュートン法)も授業通り
こんな所で役立つとは思わなかった

後で間違えた問題だけチェックしよう
マークシートのミスだけが怖いけど、なければ間違いなく就職のエントリーシートのネタに出来る
posted by 毒渡 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

('A`) 129 教育

yahooニュースに教員免許の制度が変わるというのがあって、コメント欄が曰.教 組(検索に掛かると嫌だから以降日kと略す)の思惑通りだというコメントが付きまくってた。
僕の出身県は、小学校から高校までの日k入りの教員が全国でトップ、あるいはそれに近いというのは聞いたことがある。9割越えてるとか。2chでも、この手のニュースは「また三重か」が当たり前になっている。
でも、だから何だというのかが知らなかったから調べた。

要は左翼、キョーサン主義、赤い旗な教師のことらしい。
右翼や左翼が何かは知っている。どの新聞がどっちよりかも、大学の授業で知った。その科目の先生自体がバリバリ左翼(日本が豊かなのは朝鮮人のおかげなんですよ?は迷言として一生忘れまい)だったから、こいつヤベぇと思って逃げた。おかげで卒業が大変になった。
ついでにこの教師は、うちの大学は左よりだと言った。なんでだろうと思って調べたら、過去にとんでもない事件を起こしてた。その名残が今でもある、というか明らかに不自然なことが連発してたから、あーそういうことかと理解できた。
例えば、数週間前だけど、原爆のなんちゃらという冊子が授業前に全生徒に配られた。原爆は痛ましい事件だ。考えなければならないことは沢山ある。だけど、なんで全校生徒に配るの?というか、生徒会の良く分からない宣言文書に、平和の意識云々がやたら並んでいるのは何故?なんだかとっても怪しい。

関係ないけど、最近うちの大学周辺で変な勧誘が多すぎる。1年のとき、かわいい(ここ重要。これで男は騙される)若い女性が「アンケートお願いしまーす」といって二人以下で帰宅する学生を狙って近寄ってくる。大学側からもアンケートと名乗った詐欺事件が起きていると聞いていたし(入学してからずーっと言われます。なんとかならんのか)、不審に思ったのと、ちょっとした興味心で、アンケートに釣られてやった。
「このアンケートは初めてですか?」「いいえ、もう書きました」「メールは届きましたか?
おかしいと思った。だって、アンケート用紙はメール欄などない無記名
のものだったから。どうやったらてめーらにメルアドを教えることになるのか。あーやっぱり黒だと思うと同時に逃げなきゃと思った。
「え?なんですかそれ?」「(困り顔で)そ、そうですか?分かりました」
退散。無理。これ以上は命が危ない。

それはそれとして。
日kの問題点は、やたらと左よりの教育をすることにあるようだ。ここを見る方が早い。これ以降はここを読んだ前提で書いた。このサイト自体右よりな感じはするが、それは別の問題。
www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html
職務怠慢を権利を理由に拡大解釈し、日本の歴史を完全否定し、日の丸を破り、君が代を流させず、中国北朝鮮をマンセーする教員集団だそうだ。怖すぎ。シャレにならない。
しかも僕は12年間そんな教員が渦巻く中で教育されてきたというのだからもっと驚きだ。
さらに僕は小学校の卒業式(だったっけ?)で君が代をピアノで弾いた。日kらの前でだ。失敗しないかヒヤヒヤで意識朦朧としていた自分の後ろで、物凄い勢いで冷たい目線を送る人たちがいたと思うと、もうね。命が危なかった。

とはいえ、幸いにもそれほど酷い洗脳はなかったと思う。
理由は、2kmほど北と、市の端に物凄い右翼寄りな場所(言っちゃうと住所がばれるから勘弁)があることと、私立校だったからだと思う。
たしか前の選挙でも自民党が勝ったんだっけ。いや民主も勝ったんだけど。絶対アレがあるせいだと思う。

ただ、思い返せば変なことはある。
高校で、人権集会とかあるけど(担任は年に何回しなければならない決まりがあると言っていた)、その人たちはどうやって呼んでくるの?
何かの団体?それって日kに関係ある左や赤い組織だったら…
また集会の後、必ず感想文を書かされる。A4用紙にびっちりと罫線が引かれた藁半紙を全校生徒に配って下校時刻まで書かせる。
確か5回くらいあったか。書くたびに疑問で仕方なかった。集会って、生徒一人一人に学ばせるためにやるんでしょ?自分が話を聞いて納得できたらいいんじゃないの?何を求めているんだろうって思ってた。
1回、先生は、この中からいくつかを講演者に送ると言ったことがある。つまり、意にそぐわない文章を書いたやつを除外するということだ。なるほど、私は人権集会の話を聞いて○○はひどいなぁと思いました、と都合のいいのばかり書かれたやつだけ抜き出して、生徒みんなの感想として扱われていたのか。この後高校生の感想として、左な団体のパンフレットに記載されるのだろうか。
だったら、最低だな。生徒を政治の道具にしたのだから。この予想が嘘だと思いたい。
まあ、僕は「どおわ(なぜか変換できない)地区の人々が苦労されたのは分かりました。でも、なぜそのような扱いを受けたのかから話して頂かないと、話が良く分かりません。」と書いたから、ゴミ箱直行だっただろうな。

そういや、集会といえばアレが忘れられない。保健の内容で、男の医者の人がパワーポイントのスライドで出した2行が。

マスターベーションは無害!
モヤモヤするなら…何度でもやってみよう!


会場大爆笑でした。学園祭でもあんなに盛り上がらなかったのに。
ただ、非リア充実な僕は意味が分からずポカンとしていました。
周りから、こいつドテーイだ!(笑)と思われただろうな…恥ずかしい…
posted by 毒渡 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

('A`) 128 OC

難聴は幸いにも回復に向かっている
しかし下痢が治らない…
詳しいレポートは後で

OCまとめ
先生の話はなく、全て院生と学部生の話
1研究室に40分くらい話し込んでしまったから、全部回れなかった。失敗。次に行きたいときは(相手が喋っていても)多少無理でも断る方がいいようだ

T研(CG)
ばんばんプログラム書きますよ
基本放任、行き詰ったら助け舟は出してもらえる
院生に気軽に聞けそう
学会発表のための研究と練習が非常に大変
ただし実力はつく
自分でやりたいことがあって、さぼらず勉強したい人向け?
超人気だから落ちたくない人は避けた方がいい
雰囲気はかなり良さそう

I研B研(音声/音響)
研究室の違いはなし
I様は(幸いなことに)再来年退官
音響処理は取ってなくても大丈夫とのこと
輪講で自分が無茶苦茶難しい部分に当たると非常に大変、かつI様がしつこくお怒りになる
ピッチを変えずに速度を変えたり、その逆をやったり
うーん、これって自己相関関数を使っただけなんじゃ…何が凄いのかよく分からない
声帯の長さ求めるために包絡スペクトルやら何やら使う
普段の雰囲気は軽そう、I様降臨の輪講を除いて
昔のサークルの先輩がいた…けど完全に忘れてた。おかげで色々質問できた。感謝

K研(物理シミュ)
興味ないっす

T研(ロボ)
行けなかった
でも先生が(悪い意味で)変わってるから、ちょっと…

T研(ITS)
制御理論では生徒にひどいことをしてくれたが、研究室中の人には優しいらしい。
東大出身だし結構最先端な研究なので、学会への出張が多く、研究室にあまりいないらしい
研究や就職の相談にも乗ってもらえる
意外にも、研究内容は自分で決める
不人気研究室なので、(先生の能力に反して)微妙な頭の人でもやっていけるらしい
柔らかそうな雰囲気
名言「学生は遊ばないとだめだよ」T様ご乱心すぎる…だったらあんなテスト出すなよと小一時間(ry

T研(ファジイ)
ご退官
テレビドラマに出てきそうな教授

N研Y研(ビジョン)
行けなかった
実験3必須?
Y様は退官済みだが、N先生はY様の執事
Y様は学生(特に男)をこき使わす超ブラック研究室だったらしい
対してN先生は学生の面倒見の良さでは1、2を争う
人気研究室

Y研(仮想現実/AR)
行けなかった
人気なのは調べなくても分かる
東大出身の先生で、装置が多くて金掛かってそう

W研(無線/セキュリティ)
人気研究室
院生の説明が目茶苦茶分かりやすかった。俺の絶妙な突っ込みにも詳しく答えてくれた
院生が学部生の人数を超えている唯一の研究室で、部屋がでかい(A研が押しやられている)
その分質問しやすいのがアドバンテージ
無線と暗号化の研究室
先生の抽象的な題目から選んで、自分で研究していく
学会発表に積極的
良さそうな雰囲気

Y研(ITS/人工知能)
行けなかった
超人気研究室?ちょっと信じられない
研究内容はT研に似てる
人工知能の授業担当だったけど、パターン処理の方がメインっぽい

A研(映像情報処理/DSP)
行けなかった
多分前赴任の短大で公開されてるビデオのような雰囲気かな

S研(自然言語処理)
なんで全然研究に関連がないT研と提携しているのかと聞いたら、2人の先生が同じ人だかららしい
突っ込みもS先生よりもT先生から来るらしい
S先生、研究室にはあまり来ないらしい。忙しいのではなくて、家にいるらしい…
オートマトン大事
なんというか、学生の面子が想像以上に微妙

Y研(計算アルゴリズム)
16パズルの効率的解法の研究、やたらと詳しく説明して頂いたけど正直おもんなさそう
運動動作の解析、なんとカメラ1個なのに動画中の物体の高さを計算できる(実物完成済み)のに感動(普通2個以上ないと無理)、どのように応用するか研究中
指入力インターフェイス、3種類のフィルタを使う。院生オリジナル研究。全然計算関係ないやん。でもY先生は「面白そうだからいいよ」
GPUで何か凄い計算してた。MacなのでOpenGL使ってた。でもGPUに命令するためのライブラリ名までは聞き出せなかった。院生の研究の受け継ぎ。

Y研(LSI)
パス。先生が甘すぎるし、電気だし。

U研(符号/量子情報/信号伝送)
今回行きたかった研究室の1つ。
予想通り、勉強が大変。大変さは学科内1位。他の研究室と大きく違って、課題は自由ではなく先生提示。というかレベル高すぎで自由なんてやれない
2日後に学会発表らしく、空気ピリピリ。前行った時もピリピリ
いつもこんな雰囲気なんですか?と聞いたら、そんなことないと言われた。信じられない
無線LANでネット対戦やってたとか。ないない。あの空気でどうやって遊ぶんだろう?
この先生、HPにも漫画のこととか書いてるけど、あの授業の鬼っぷりからは本っ当ーに想像できない。27人カンニングで落とした伝説を忘れろというのは無理。
ただ、実力はバリバリにつくらしい。発表会で1位2位は当たり前。驚いたのは、全員就職先が決まっていること。6月の時点でほぼ決定だったらしい。どんな裏技使ったんだ…
理論の研究室だから、研究も理論バリバリ。実物が出ない。面白くない。
質問は何でも受け付ける。たとえ研究内容に深入りすることでも。むしろ、聞かずに後回しにすると怒られる。他の研究室とは対照的。
いちかばちかだな…難しい

Y研(ITS/画像)
片方の研究室だけ行った
おそらく人気研究室。先生甘いし、自動車関連就職(トヨタ・ホンダ・ダイハツ・その関連企業)目当てで来るだろうし。
研究内容聞いたけど忘れた

K研(ITS/システム制御)
実験3必須
もう先生の雰囲気は分かってる
非常に真面目で細かくて、あんまり怒らせたくないタイプの人
一昨年は希望者0だったらしい、かわいそす
いろんな意味でよく分からない

M研(数理計画)
行けなかった
興味ない
適当な研究で出させてもらえると聞いた

A研(ハード/通信/ネットワーク)
無線で音が出る信号機に感動
キー入力で音が出るPC、これもう誰かが作ってると思うんだけど…しかもなんでゆっくりボイスwこのせいで説明に集中できなかったw
posted by 毒渡 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

('A`) 127 あーあーきこえない

「低音型突発性難聴」になりました
白内障といい網膜剥離といいヘルニアといい難聴といい…全部じじいの病気じゃねーかよ…orz
左耳が少しだけ(ここ重要)水が入ったような聞き心地で気持ち悪い
検査の結果、125Hzと250Hzで、右耳が30dB。正常範囲は0〜20dB。すごく…異常です…
ちなみに、左耳は15dBで正常。他の周波数帯は右も左もほぼ一致していてかつ10〜15dB。正常。
骨に振動機を当てて頭部のどこから聞こえるかという検査もやったけど、何にためにやったのか、いまいち分からん
しかも原因が解明されていない。治る目途もつかない。ヘルニアは手術で治るのに。背中をグサっと切るから目茶苦茶痛いけどね。てか網膜剥離の手術もめがっさ痛かったよ(手術中は眠くなるくらい痛くなかったけど、麻酔が切れたら痛いの痛いの)、3か月傷み続けるなんて聞いてないし…
とりあえずウィルスが疑われるそうで、皮膚がグジュグジュに荒れた時に皮膚科で出された時と同じ薬(プレドニン)と、ビタミンB12の入った錠剤と、胃腸薬みたいなのが出された。
2日以内に治らないと点滴だってお…痛いのもういやだお
あと、もうちょっと放置していたら一生治らなかったらしく…病院いって良かった
そもそも病院行ったきっかけは、左耳が荒れて汁が出て(指突っ込むとねちゃっとした液体がつく)、鼓膜に達すると耳に水が入ったように聞こえなくなって、これが数日(確か2、3日)経っても治らなかったから。これがまた非常に鬱陶しい。
この状態になった経験は過去に何度もあって、耳掃除してもらったら治った。でっかくて湿った耳垢が出てくるとともに。
でも今回はわずかに症状が残った。この経験も実は1回あって、地元のY耳鼻科で2日連続できっちり耳掃除してもらったら治った
1日様子を見て(つまり前の通院から2日後に)、やっぱり良くならないから耳鼻科に行った。耳掃除で治ると思ったらこの様だ
その耳掃除がなんか凄かった。Y耳鼻科では掃除機みたいに吸い出すのがあったけど(これが非常にやかましいし耳垢が耳道に当たると痛い)、今回I耳鼻科では(実はこの医者、テレビに出たことがある。花粉症対策関連で。実際見た。かなりの名医らしい)鼻から凄い勢いの風を送って耳から吸い出すのをやった。とにかく凄かった。キーンってなった。鼻と耳が繋がっているのは嘘じゃなかった
薬がバッティングするとまずいから眼科と皮膚科にも行ったけど、皮膚はまあまあだし白内障も網膜剥離も進行していないということで一安心。
いやいや安心する場合じゃないけど。
あーあ

洪水すごすぎ
ttp://www.youtube.com/watch?v=ttcQy3bCiiU
posted by 毒渡 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。